経営陣


Fumihide Tomizawa
President

2014 年8月の創立以来SoftBankロボティクス株式会社代表取締役社長 (「SoftBank ロボティクス」) を務める冨澤文秀は、1997年にNTTに入社後、2000年にSoftBankに移りました。彼は様々な販売計画および事業開発を主導後、2011年か らSoftBankモバイル株式会社のロボットプロジェクト(現在のSoftBankロボティクス)をリードしてきました。
 


Kenichi Yoshida
EVP Chief Business Officer

SoftBank Robotics内での役割に加えて、吉田健一氏はソフトバンクロボティクス事業推進本部長でもあり、過去4年間にわたってソフトバンクのロボット事業を始動の頃より率いてきました。前職ではスタートアップのソフトウェア会社の共同創業者兼COOとして、会社をIPOに導いています。
 


Alain Hui Bon Hoa
VP Chief Services Officer

General Electricに15年間勤務し、経営と戦略に関するプロジェクトにおいて、シニア・リーダーとしてのポジションを何度か経験しました。 Fleetサービスの開発、顧客中心主義の促進、マトリックス型の組織構造における大型チームの指導において、優れた経験を有しています。
 

 


Rodolphe Gelin
EVP Chief Scientific Officer

ロドルフ・ジュラン(Rodolphe Gelin)は、フランス国立土木学校(École Nationale des Ponts et Chaussées)を卒業し、人工知能分野のDEA(研究修士学位)を取得。原子力・代替エネルギー庁(CEA)の研究部門に20年勤め、とりわけ人の支援を目的としたロボット工学の研究に取り組みました。2008年にSoftBank Roboticsの研究主任・ 共同プロジェクト責任者に就任。特に、高齢者の支援に特化した大型ロボットの製作を目的とするROMEOプロジェクトを推進しています。
ロドルフ・ジュランは現在イノベーションチームの主任として、SoftBank Roboticsの現行ロボットのための新技術の開発を目指し、引き続きヒューマノイドロボットに関する研究に取り組んでいます。
 


Valérie Jabot
EVP Chief Financial, Legal and Human Resources Officer

製薬、サービス、重工業の分野における大手国際企業グループで20年におよぶ財務経験を持つ。ヨーロッパレベルの業務改善プロジェクトの運営・管理の経験を持つ。
 


Xavier Lacherade
EVP CTO Hardware

ザ ビエルは製造およびエンジニアリングのポジションで、18年間にわたるヘルスケア業界の経験を有しています。 デザイン、開発、ライセンス取得など、さまざまな新製品開発プロジェクトに携わってきました。 常に学習と向上をめざし、シックスシグマのグリーンベルトを取得。専門知識を技術プロセスに生かします。

 

Julien Seret
Julien Seret
VP Enterprise & EMEA Marketing

ジュリアンは、様々な業界での広範な技術およびビジネスモデルに関する深い知識を持っています。彼はSTMicroelectronics社、Archos社、Gostai社で、事業開発および技術マーケティングの任務に携わりました。また彼は、電子IDカード、安全な決済システム、初の3G対応タブレット、テレプレゼンス・ロボットなど、様々なB2B製品の開発を成功させました。
 


Steve Carlin
VP Marketing & Business Development NAM LAM

スティーブ・カーリンは、北米・南米におけるすべての商業活動を監督しています。彼は、Facebook社でグローバル戦略部長(ゲーム部門)を務めた他、Ubisoft社でマーケティング&インサイト部門シニアディレクターを務め、またEnergizer社とProcter & Gamble社で販売、マーケティング、戦略部門における様々な任務に携わりました。オハイオ州オックスフォードのマイアミ大学を卒業したスティーブ・カーリンは、マーケティングと国際ビジネスのMBAを取得しています。